東京渓谷サイクリング TOKYO VALLEY CYCLING

新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)の感染拡大により東京渓谷サイクリングは4月13日(月)より営業を見合わせる運びとなりました。
再開日につきましては、確定次第掲示いたします。
電動アシスト自転車レンタサイクル
本事業は東京都・(公財)東京観光財団が推進する「多摩地域観光交通促進プロジェクト」の一環として実施しています。

東京渓谷サイクリングとは

秋川(あきがわ)渓谷流域と御岳(みたけ)渓谷流域は秩父多摩甲斐国立公園の入り口に位置する自然豊かなエリア。幹線道路から一歩裏道に踏み込むとそこには“ふるさと”を彷彿させる里山の風景が広がります。

「東京渓谷サイクリング」とは、観光客誘致のために東京都・(公財)東京観光財団が取り組む電動アシスト自転車のシェアサイクル事業の名称です。

電動アシスト自転車

男女問わず使いやすい、ミニベロタイプ。両輪駆動(前輪は電動アシスト駆動、後輪はペダルを踏んで駆動)かつ超低重フレームのため坂道⾛⾏やカーブでも安定感抜群の最新鋭のモデルです。

充電100%、エコモードで約90kmの走行が可能です。(身長145センチ以上)

東京渓谷サイクリング3つのポイント

地元の人しか知らない秘密のお薦めルートとっておきのルートをご紹介!

多摩川の上流、秩父多摩甲斐国立公園に隣接する西多摩エリアは深い森に囲まれた渓谷とその流域に息づく人々の営みが混在するエリア。幹線から一歩入った裏道には、ここでしか味わうことのできない風情に包まれています。

迷わず安心自転車専用ナビ

「東京渓谷サイクリング」オリジナルのルートをNAVITIMEの自転車専用ナビでご案内。自転車に最適な「ルート」を走行できます。ご利用の際は、ナビタイムジャパンの「自転車NAVITAIME」アプリをダウンロードしていただきます。

「App Store」、「Google Play」よりアプリをダウンロード

音声案内付き 100m先右方向です

温泉で乗り捨てOK!旅の最後は温泉で

「瀬音の湯付近(十里木交差点)」「つるつる温泉」「河辺温泉」「岩蔵温泉」など温泉で返却可能。サイクリングの後は、温泉でリフレッシュ、自転車を乗り捨ててそのまま帰途へ、そんな旅が可能です。

とっておきのルート10選

※3月以降、随時追加していきます。

秋川渓谷流域 お薦めルート(あきる野市、日の出町)

ルート1 秋川渓谷の風景を満喫する古刹と旧道と温泉コース
  • スタートJR武蔵五日市駅
  • ゴール瀬音の湯
  • 走行コース約6キロ
  • 標高差約50メートル
  • 所要時間3時間(昼食、休憩込み)
  • 秋川にかかる橋を何度も渡りながら、秋川渓谷らしい風景と歴史と地形を存分に楽しみながら温泉(瀬音の湯)にゴールするおすすめコース。
ルート2 里山の風景とゆるハイキングスポット巡りコース
  • スタートJR武蔵五日市駅
  • ゴールJR武蔵五日市駅
  • 走行コース約4キロ
  • 標高差約150メートル
  • 所要時間4時間程度(昼食、休憩込み)
  • 秋川渓谷と里山の風景を、自転車+軽いハイキングで半日楽しめるコースです。

御岳渓谷流域 お薦めルート(青梅市)

ルート1 青梅七福神巡りコース
  • スタートJR青梅駅
  • ゴールJR青梅駅
  • 走行コース約7キロ
  • 標高差約30メートル
  • 所要時間3時間(昼食、休憩込み)
  • JR青梅駅から出発して、自然に囲まれた青梅七福神を巡るコースです。裏道を多く使いますので、のんびり巡ることができます。道中に点在するおすすめのグルメスポットも楽しみです。
ルート2 青梅東部里山コース
  • スタートJR河辺駅
  • ゴール河辺温泉梅の湯
  • 走行コース約5キロ
  • 標高差約30メートル
  • 所要時間3~4時間(昼食、休憩込み)
  • JR河辺駅から出発して、青梅市東部の里山風景を楽しみながらゆったりサイクリングするコース。グルメ・温泉・古寺などのポイントも満載です。